Q者

慢性腎臓病が進行して腎機能の低下が進んでしまったため、近々血液透析を始めることになっています。
透析治療を始めると、水分摂取の制限が厳しくなり、食事制限もこれまでより多少緩くなるものの、続けていかなければならないと聞いています。
透析患者は食べ物、飲み物以外にも、毎日の生活の中で何か制限されることはあるのでしょうか


川田川田

はい、透析患者さんには日常生活の中でも注意していただきたいことが、いくつかあります。
例えば血液透析を行う際に血液の出口と入り口になるシャントの管理があります。これは非常に重要です


Q者

シャントは、来週手術を受けて作る予定になっています


川田川田

シャントは圧迫に弱いので、注意する必要があります。シャント側の腕で重い荷物を持ったり、腕にバッグなどをかけることは避けてください


Q者

シャントは圧迫されるとどうなるのですか


川田川田

圧迫された状態が続くと、血液の流れが悪くなり、血管が狭くなる狭窄や詰まってしまう閉塞が起きます。そうなると再度手術をして別の場所にシャントを作り直さなければなりません


Q者

わかりました。できるだけシャントと反対側の腕を使うように気をつけます


川田川田

シャツの腕まくりなども注意してくださいね。折り返した部分がシャントを圧迫してしまうこともあります


Q者

なるほど。腕に触れるものにはすべて注意が必要ですね


川田川田

腕時計なども血液の流れを妨げることがあるので、シャントを反対側の腕にすることをおすすめします。
指輪やブレスレットなどをする方も、シャントと反対側の手にしてください


Q者

シャントでは、圧迫以外に気をつけることはありますか


川田川田

圧迫と並んで多いシャントのトラブルは、感染です。感染を防ぐために、透析を受けた日は入浴は控えましょう。透析の時に針を刺した部分から雑菌が入ることで、感染の原因になることがあります。温泉やプールなども透析をした日は避けてください。

一般に水道水には残留塩素がふくまれていて清潔状態を保っています。透析前にシャント肢を軽く洗っておくのもお勧めです。ただし強く洗うとかえって刺激になりますので『赤ちゃんのお尻を洗うように』愛護的に洗ってください


Q者

週に3回クリニックに通って1日おきに透析をする予定なので、入浴は透析に行かない日にするというのを習慣にします


川田川田

はい、それなら安心です。しかし夏の暑い日など汗だけでも流したいという日があると思います。そんな時は湯船につかるのは控えて、シャワーだけを使いましょう。シャントの部分は濡らさないようにするのがポイントです。サランラップで巻いて保護するのもひとつの工夫です


Q者

シャントのトラブルが起きていないか、自分で確認する方法はありますか


川田川田

シャントは透析患者さんにとって大変重要なものですから、毎日ご自分でもチェックするようにしてください。
まず皮膚の色が変わってきたり、急に腫れてきた場合は要注意です。異常が起きている可能性がありますから、主治医に伝えてください。また血液が正常に流れているかどうかは、音で確認することができます。シャント部分に聴診器を当ててゴーゴーという音がしたら、血流は正常です。もしヒューヒューという音が聞こえた場合は、狭窄や閉塞が起きている可能性があります


Q者

シャントの管理がとても大切だということは、よくわかりました。その他に、日常生活での注意点はありますか。例えば車の運転はどうでしょうか。透析クリニックへは自分で運転して通うことを考えているのですが


川田川田

透析を始めたばかりの頃は、ご自身での運転は避けてください。それは透析に体が慣れていない最初の頃は、透析中や透析直後に不均衡症候群という合併症が起きやすいからです。不均衡症候群の主な症状は頭痛やだるさ、低血圧などで、透析の期間が長くなると現れにくくなります。不均衡症候群が現れにくくなった頃ならばご自分で運転して帰ることもできますが、透析後は疲労感を感じる患者さんも少なくないので、無理をしないようにしましょう


Q者

それでは、自分で運転していくのは当分見送ることにします


川田川田

患者さんの送迎サービスをしている透析クリニックも多いので、利用できるものがないか確認してみてください。
また自治体によっては透析治療に通う際の交通費について助成しているところもあるので、お住まいの自治体の窓口で聞いてみてください


Q者

透析は一生続けていくことになるので、長い間には風邪をひいたり他の病気にかかることもあると思います。その場合薬を飲んでも問題ないでしょうか


川田川田

他の病気で受診する時は、透析治療中であることを必ず医師に伝えてください。薬には、腎臓に負担をかける成分を含んでいるものもあるので、透析患者さんが飲んでも問題がないものを処方してもらいましょう


Q者

市販薬はどうでしょうか


川田川田

市販薬を自己判断で飲むのも厳禁です。例えば風邪をひいた時でも風邪薬を買って飲むことは避けてください。
また透析患者さんは便秘に悩んでいる方が多く、市販の便秘薬を飲んでもいいかという質問もよく受けます。
しかし市販の便秘薬には腎臓に負担をかけるものがあるので、便秘も透析クリニックの主治医に相談して薬を処方してもらうようにしましょう


Q者

つまり、他の病気の薬を飲む時も腎臓への影響に気をつけなければならないということですね


川田川田

はい。それに透析患者さんは血圧の薬や血糖値の薬などすでに何種類もの薬を飲んでいるケースが多いので、薬の飲み合わせにも注意する必要があります


Q者

そうですね、慢性腎臓病が進行するに従って、飲む薬も増えています


川田川田

薬だけでなく、サプリメントにも気をつけてくださいね。体によさそうだからと自己判断せずに、必ず主治医に相談してから飲むようにしてください


Q者

透析患者は骨が弱くなると聞いたので、カルシウムが取れるサプリメントを飲むことを考えていたのですが、やめた方がいいですね


川田川田

はい。口に入れるものはすべて主治医に相談してから飲むことが鉄則と覚えておきましょう


Q者

睡眠はどうでしょう。今でもよく眠れない日が時々あるのですが


川田川田

睡眠をしっかりとることは、透析患者さんに限らず、すべての人にとって大切なことです。睡眠不足が続くと感染症にかかりやすくなったり、体力の低下を招いてしまうこともあります。

透析患者さんから夜眠れないという相談を受けることもよくあるのですが、これは透析中に寝てしまうことが原因になっていることも考えられます。日中たくさん寝てしまうと、夜は眠れなくなりますからね。ですから透析中は本を読んだりDVDを観たりして起きているようにすることをおすすめするケースもあります


Q者

透析を始めたら、睡眠もきちんととって、規則正しい生活をおくるように心がけます


川田川田

透析患者さんは、食事以外にも日常生活には気をつけて自己管理を行う必要があります。
慣れるまでは大変なこともあるかもしれませんが、困った時や迷った時は主治医やクリニックのスタッフに相談して、自分なりの透析ライフのペースを作っていきましょう。

透析を受けていようといまいとにかかわらず、規則正しい生活が健康に元気で毎日を過ごすための基本といえましょう。透析で通院するという状況を逆手にとって生活にリズムをつけるキッカケにして頂ければ何よりです。一病息災です

まとめ

  • 透析治療中は食事以外にも日常生活での制限があります。
  • シャントの管理には十分な注意が必要です。
  • シャントは圧迫に弱いので、重い荷物やバッグなどはシャントと反対側の腕で持つことを習慣にしましょう。
  • 感染を防ぐため、透析を受けた日は入浴を控えてください。
  • 透析に体が慣れるまで、透析直後の車の運転は避けましょう。
  • 他の病気で受診した時は、透析治療中であることを医師に伝えてください。
  • 市販薬やサプリメントなどを自己判断で飲むことは避けてください。