Q者

現在週3回約4時間ずつの透析治療を受けています。透析治療予定の日にどうしても都合が悪くなった場合、休んだり、日程を変更することはできますか


川田川田

毎週3回透析治療に通われている患者さんは、本当に大変だと思います。
しかし24時間365日働き続ける腎臓の代わりを透析治療で行うわけですから、その治療を休むことは避けていただかなければなりません。
ご都合が悪くなった場合は、透析治療を休むのではなく、日程を患者さんのご希望に合わせてずらすという方法で対応します。
例えば、月曜日、水曜日、金曜日に4時間ずつ透析を受けている患者さんが、水曜日の透析を受けられないという場合は、月曜日、木曜日、土曜日に変更するのが一般的です。
この変更方法だと、透析と透析の間が中1日が2回、中2日が1回で、月曜日、水曜日、金曜日に透析を受けた場合と同じなので、特に問題はありません。
週に3回という透析の回数を変えずに日程をずらすだけなら、基本的に体に負担はかかりませんし、急激に体調が悪化するリスクは少ないのです


Q者

透析と透析の間の間隔を変えないことが大事なんですね


川田川田

そうです。透析の間隔が空いてしまうと、体内にその分だけ水分や毒素が溜まることになるので、重大な影響が出てきます。尿毒症の症状が出たり合併症が悪化したり、心血管疾患を引き起こすリスクも高くなり、最悪の場合、命に関わる危険も出てきます


Q者

安易に休んだり、日程を変更するのは、とても危険なことなんですね。
それでもどうしても都合がつかない時はどうしたらいいでしょうか


川田川田

どうしても動かせない急な仕事の予定が入った時や、お身内の冠婚葬祭などで、透析治療を受けられないという事情ができた場合は、まずはできるだけ早く主治医に相談してください。体調不良や合併症が起きていないか、これまでの透析記録や血液検査の結果などを見ながら変更しても問題がないかどうか主治医が判断します


Q者

では今受けている週に3回の透析治療を週に2回に変更することはできるのでしょうか。仕事をしているので、週に3回通院治療の時間を確保するのはなかなか大変で


川田川田

4時間の透析を週に3回で合計12時間ですから、週に2回にした場合は1回の通院での透析時間を6時間にすれば同じ合計12時間になりますね。
どうしてもこの期間だけは週に2回しか通院できないという患者さんの場合は、ごくまれに変更する場合もあります


Q者

なるほど、それなら同じ12時間になりますね


川田川田

理論的には1週間のうちに受ける透析時間が同じになるので問題はなさそうですが、これは例外中の例外と考えてください。
週に2回の透析だと、透析と透析の間が2日と3日空いてしまいますよね。
週3回の透析で、透析と透析の間が2日空く時でも、水分や毒素が溜まるので、注意しなければなりません。
ですから3日空くのは、合併症のリスクが一層上昇します


Q者

ずっと週2回の透析を続けていくわけにはいかないのですね。
ではもし例外的に一度だけ週2回に変更できた場合、気をつけることはありますか


川田川田

透析と透析の間の日常生活の過ごし方には、厳重な注意が必要になります。水分制限と食事制限をしっかり守ってください。最も注意しなければいけないのは、カリウムと体重の管理です。体重管理の目標値については指導されていますよね


Q者

はい。体に余分な水分が溜まっていない時の体重ドライウエイト(㎏)に対して、透析と透析の間が中1日の時はドライウエイト(kg)×3%以内、中2日以上の時はドライウエイト(kg)×6%未満を目標にするように言われています


川田川田

血液透析を受けた後、次の透析療法の日までに増える体重の大部分は、体に溜まった水分です。1回の透析で取り除ける水分量には限りがありますし、中3日だとますます水分が溜まりやすくなるので気をつけてください。水分が溜まり過ぎると血液の量が増えた状態が続くことになり、心臓や肺、血管などに大きな負担がかかってしまいます。その結果、心不全などの心血管疾患が起きやすくなります


Q者

水分摂取量の目安はどのくらいでしょうか


川田川田

患者さんのドライウエイトにもよりますが、1日2000ml以下を目安にしてください。2000mlというと、かなり多いですが、これには飲み物だけでなく、食べ物に含まれる水分も入っています。
お茶や水、ジュース、コーヒーなど飲み物だけの合計が1日500~600mlになるようにしましょう。
透析患者さんは、尿が出なくなっていますから、体から外に出ていく水分は、汗や呼吸、便に含まれるものしかありません。
過度の水分による水太りは、非常に危険なので、注意してください


Q者

はい、わかりました。十分に気をつけて過ごすようにします。透析の回数を週に2回に変更するのも今回限りとします。自分の生活の中に週3回の透析の時間を組み込んで、続けていくようにします


川田川田

機能を失った腎臓の代わりをするわけですから、やはり4時間の透析を週3回行うのが基本とお考え下さい。週2回への変更は体への負担が大きいです


Q者

では年末年始やお盆休み、ゴールデンウイークなど長期休暇の時の透析治療はどうなりますか


川田川田

透析クリニックは、年末年始もお盆もゴールデンウイークも休みません。クリニックによって違いもありますが、休みは日曜日だけで、祝日は通常通り治療を行っているところがほとんどです。
透析は末期腎不全の患者さんの命を守るために、なくてはならない治療なんです。ですから長期休暇や連休中も、いつもと同じように透析を受けていただけるようになっています


Q者

お正月にはつい気が緩んでいつもより多く食べてしまったことがあるんです。でも透析に行くことができてほっとしました


川田川田

お盆や年末年始、ゴールデンウイークなどは、いつもと生活リズムが変わったり来客が増えるなどの影響で、食べ過ぎや飲み過ぎになりやすい患者さんもいらっしゃいます。そんな時は特に注意して主治医が診察をして、異常が見られた時は、早急に対応しています


Q者

引っ越しなどで、これまでと同じクリニックに通えなくなる時は、どうすればいいでしょうか


川田川田

お引越しが決まった場合は、できるだけ早くクリニックにお知らせください。新しいお住まいから通いやすい透析クリニックを見つけるお手伝いをし、次に通うクリニックが決まったら、これまでの透析状況などがわかる紹介状をご用意します。
お引越しの前後は何かとお忙しいと思いますが、お引越し日の前日に透析を受けられるようにスケジュールを組み、お引越しの翌日には新しいクリニックで透析を受ける予約をしておきましょう。
このように特別なご予定がある時も、中1日のペースを変えずに透析を受けるのがベストです。

透析を続けていると、ご都合の悪い日も出てくるでしょう。
しかし機能を失った腎臓の働きを代行する非常に重要な治療ですから、できるだけペースを変えずに日程を調整できるように、まず主治医やクリニックに相談するようにしてください

まとめ

  • 透析予定の日にどうしても通院できなくなってしまった場合は、休むのではなく日程をずらして対応しましょう。
  • 透析と透析の間隔が長くなると、心不全など心血管疾患のリスクが高まります。
  • 透析と透析の間隔が長くなる時は、より厳重な水分制限、食事制限が必要です。
  • 透析治療は、年末年始やお盆休み、ゴールデンウイークなども通常通り行えます。

執筆: じんステーション編集部(医療法人社団明生会グループ)