文字通り風が吹いても痛い痛風は中高年に多い病気として有名です。痛風は過剰な尿酸が結晶化して関節に沈着する病気ですが、腎臓にも結晶がたまって腎機能障害が起きる痛風腎という腎臓病があります。今回は、痛風と腎臓の関係についてご紹介します。検診で尿酸値が高めと指摘されている方、すでに痛風を発症されている方は、どうぞご参考になさってください。

痛風は、結晶化した尿酸が関節に沈着する病気です

尿酸は、プリン体というタンパク質が分解される時に発生する老廃物です。通常は血液の中に含まれているのですが、尿や便の中に排泄されることで、通常はその量が多くなり過ぎることはありません。尿酸が過剰に作られたり、排泄がうまくいかなったりすると、結晶化して関節や皮膚の下に沈着します。この結晶化した尿酸が強い関節痛の原因になり、特に足の親指の付け根に激痛を引き起こすのが代表的な症状です。進行すると手足の関節が変形したり、動かなくなったりすることもあります。

腎臓にも結晶が沈着すると、痛風腎に

尿酸は、通常尿に排泄されるため、血流にのって腎臓に運ばれます。腎臓の中で尿は酸性に傾いていますが、尿酸は酸性の液体に溶けにくい性質があります。このため過剰な尿酸は結晶化が起きやすく、腎臓の髄質や尿細管、そのまわり の間質などに沈着してしまうのです。これが「痛風腎」で、結晶により腎臓の組織に炎症が起き、「腎機能障害」をまねきます。腎臓内に結石ができやすくなり、尿路を傷つけることもあります。痛風の患者さんの多くは、「メタボリックシンドローム」も合併しています。尿酸値が高いだけでなく、高血圧や高脂血症により動脈硬化が進んでいることも多く、それらも腎機能の低下に深く関わっているケースが多く見られます。

痛風腎の検査と診断

痛風腎の確定診断のためには、尿酸値と腎機能を調べます。

①尿酸値

血液検査を行い、尿酸値を調べます。
尿酸値が7.0ml/dLを超えていた場合、高尿酸血症と診断され、痛風腎が疑われます。

②腎機能

腎機能に障害が起きていないかを調べるためには、まず尿検査で血尿やタンパク尿が出ていないか調べます。初期の痛風腎では、どちらも見られないことがあるため、それだけでは確定できません。痛風腎の確定診断には、次の検査を行って腎臓の状態を詳しく調べます。

・血清シスタチンC
シスタチンCとは、全身の有核細胞から常に一定の割合で産生されている物質です。血液中のシスタチンCは、通常尿中に排出されますが、腎臓の糸球体に障害があると血液中に残るため、血中濃度が高くなります。「血清シスタチンC」は、腎臓の働き具合を表す一般的な指標である「血清クレアチニン」よりも筋肉量や食事などの影響を受けにくいのが特徴です。このため腎臓病の早期発見に有効です。

・推算糸球体ろ過量(eGFR)
腎臓の糸球体で1分間に何mLの血液が浄化されているかを示す値がGFRです。GFRの実測は手間がかかるため、通常は血清クレアチニン値から求める推算糸球体ろ過量を用います。

・尿濃縮能試験
痛風腎になると尿細管が尿を濃縮する働きに異常が出るため、尿濃縮能を調べます。前日排尿してから就寝した後、検査当日は1時間おきに尿を採取して、尿の比重や浸透圧を測定します。正常値は、水の比重を1.000とした場合、1.022以上ですが、尿細管の機能に異常があるとこの値は低くなります。

痛風腎の治療

痛風腎の治療は、痛風の治療が優先になります。腎機能障害の原因となっている血液中の尿酸を減らす薬物治療を行います。

・尿酸排泄促進剤
尿細管での尿酸の再吸収を抑制し、排泄を促します。ベンズブロマロン(商品名ユリノーム)、プロベネシド(商品名ベネシッド錠)などがあります。

・尿酸生成抑制剤
体内での尿酸の過剰な生成を抑制します。アロプリノール(商品名ザイロリック、アロシトール)、フェブキソスタット(商品名フェブリク)などがあります。

・酸性尿を改善する薬
尿が酸性に傾いていると尿酸が溶けにくくなり、結晶化しやすくなります。酸性尿を改善するために、重曹やクエン酸剤を服用することもあります。

痛風腎の予防

痛風腎を防ぐためには、食生活と生活習慣を改善して高尿酸血症にならないようにすることが大切です。

①プリン体を多く含む食品を控える

尿酸の元となるプリン体は、肉、魚、野菜、穀物など多くの食品に含まれる成分です。尿酸値が高めの方は、プリン体が特に多い食品の摂取は控えるようにしましょう。

【プリン体が多い食品】
鶏レバー、豚レバー、牛レバー、白子、あんこうの肝、干ししいたけ、イワシの干物、さんまの干物、カツオ、大正エビなど

②アルコールに注意する

アルコールでプリン体を多く含んでいるのはビールですが、ビール以外のアルコールにも注意が必要です。
アルコールには体内に入って分解される時、尿酸値を上げやすいという特徴があります。
尿酸値が高めの方は、お酒の飲み過ぎには気をつけてください。

③減塩を心がけ、食べ過ぎに注意する

痛風や高尿酸血症の方は、高血圧や高血糖、脂質異常症を合併していることが少なくありません。高血圧の原因になる塩分の摂り過ぎに気をつけ、1日の塩分摂取量は6gまでを心がけましょう。食品ごとの塩分含有量を大まかに把握し、1日の摂取量を管理するようにしてください。またエネルギーの摂り過ぎは、高血糖や脂質異常症につながるので、食べ過ぎに注意することも大切です。

④適度な運動習慣を作る

お腹のまわりに脂肪がついた内臓脂肪型肥満は、腎機能低下に大きく影響します。急に激しい運動をすると、高血圧を引き起こすことがあるので、ウォーキングなどの軽い運動でできるだけ体を動かす習慣を作ってください。慣れてきたら、少しずつ運動量を増やしていってもいいでしょう。

尿酸が増え過ぎて関節痛などを引き起こす痛風は、腎臓にも悪影響をおよぼします。食生活や生活習慣を改善して、高尿酸血症を防ぎましょう。

まとめ

  • 体内の尿酸の量が過剰になると、結晶化して関節や皮膚の下などに沈着する痛風になります。
  • 尿酸の結晶化は、腎臓の組織内でも起き、そのために腎機能に障害が起きる痛風腎を発症します。
  • 尿酸の結晶化により、腎臓内に結石ができることもあります。
  • 痛風腎は薬物療法で治療します。
  • 痛風腎を防ぐためには、尿酸の元になるプリン体を多く含む食品の摂取を控えましょう。
  • 適度な運動習慣で肥満を防ぐことも、痛風腎の予防のために大切です。